【女性の運命は28歳で激変する】あなたが幸せになれるか決まる大事な時期

【婚活パーティーには変な人しかいない】ここは動物園や水族館かね?

2021年01月22日 19時26分

 


・目を見て話すことすらできない(仕事どうしてんの?)

・自分のことばかり話して聞くことができない(会話をしたことありますか?)

・外見に全く気にしていない(デブ・ハゲ・チビでも見せ方でなんとかせいよ)

・下心丸見え(どこ見てんねん!)

・プロフィールが嘘ばかり(運営は何をしてはるの?)

※()は関西弁で読んでください

 





婚活パーティーってこんな人たちが多いイメージありませんか?

実は・・・・その通りなのです。



婚活パーティーに現れる男性にまともな方がいないとは言い切れませんが、

結構なレアな存在

です。



では婚活パーティーに現われる変な男性たちを見てみましょう。




 

婚活パーティにいる五大「変な人」たち


冒頭であげた婚活パーティーの変な人たち。

それぞれを細かく見てみましょう。


 

人と目を合わすのが怖い?草食系男子ではなく草食動物では?


人と目を合わすことができない男性。

常にオドオドしていて、「よく婚活パーティーに参加しようと思ったな」と疑ってしまいます。


格好は綺麗にしてて、お金もそこそこありそうだけど

会話が全く続かない

のが非常に残念。


人を相手にする仕事じゃなく、ずっとパソコンと睨めっこしてそうな感じ。

良い言い方をすれば草食系男子となりますが、結婚相手というよりはペットに向いている感じでしょうか。




 

自分の事ばかり「聞いて聞いて」のしゃべり蜂


人と目も合わせられない、しゃべれない男性と真反対の男性もいます。


とにかく喋る喋る。

聞いていないことまで勝手に話を展開していきます。


たまにこちらにも質問してくれるのですが、質問にちょっと答えた途端

自分の話でカットイン!



お笑い怪獣さんま師匠でもゲストの話は聞きますよ!

見た目も悪くないし仕事もちゃんとしてそうだけど、一緒にいるのを想像するだけで疲労感が。





 

自分の見え方に無関心?場所をわきまえろ場所を


婚活パーティーに現われる男性の中にはなぜか格好がちょっとズレてる人も。

ジーンズにスニーカー、白シャツで現れた男性はある意味「注目の的」でした。

場所をわきまえない姿勢は、一緒になるのには躊躇しますよね。


大体、お葬式にはお葬式の格好、パーティーにはパーティーの格好をするのが当たり前。

なんでそんな格好で来るねん、と

その場にいた女性が心の中で一斉にツッコミを入れた

はず。


また、デブ・ハゲ・チビという身体的なハンデ?は努力で見え方も変わります。

デブでも「頼り甲斐のあるパワー男子」に見せることもできますし、ハゲでも服装などで「ダンディさ」を出すこともできます。

その部分のリサーチや研究をおろそかにしている残念な男性も。




 

下心が手にとるように分かる視線が怪しい男


自分の合う女性と知り合いたい、という男性なのですから女性を品定めしたい気持ちはわかります。

が。

あからさまに目の動きが怪しい人がいます。

特に視線の行き先が「胸」の男性。


一生懸命、視線を女性の目に向けて話をしますが、時々無意識に女性の胸に目がいってしまうのです。

「目は口ほどに物を言う」とはよくいったもので、こういう男性は結婚と言うよりも遊び相手を探しているのでしょう。




 

頭の中身はスイカですか?プロフィール羊頭狗肉男


・誰もが知っている大会社勤めと言っていたのに子会社だった
・正社員のいはずが契約社員だった


本当のことをなぜ言えない?という男性も婚活パーティーに現れます。

自分を大きく見せたい気持ちはわかりますが、この時点で嘘ついて結婚まで持っていけると思うなよ。

そう叫んでやりたい男性たちもいます。


嘘つき男性の最終形態として

独身のはずが既婚者だった。

という猛者もいます。


運営サイドは一体何をやっているんでしょうかね・・・?








 

婚活パーティーで変な人ばかりに好かれる美人だっています

※写真はイメージです




私の友人S子は自他共に認めるスラーっとした長身美人。

ただ、人見知りがひどくてなかなか男性とうまくいきませんでした。
(女性の私ですら仲良くなるのに1年以上かかりました)


さらに外見上?「高嶺の花」感が滲み出ているようで、合コンなどでもなかなかお付き合いまでいきませんでした。

彼女に声をかけて来るのは、恐れを知らない路上ナンパ師。

そして、勝手に勘違いした変な男性ばかり。




そんなS子が清水の舞台から飛び降りるつもりで参加したのがとある婚活パーティー。

普段変な人にばかり言い寄られる彼女は地獄を見たそうです。




 

格好が世間とズレてる勘違いA男の場合

 
  • 前髪が長く右目が隠れてる
  • 香水が激臭
  • つま先がとんがっている革靴


この3箇条を提示しただけで、おそらくみなさんの想像は一致するでしょう。

そう、90年代のビジュアル系バンドみたいな人です。

しかも、こんな格好なのに物腰や話し方はものすごくまともだったそうです。



でも・・・・・。

ギャップにも程があります。



S子のことはすごく気に入ったらしいのですが、

とてもじゃ無いけど一緒に歩けない

と思ったそうです。





 

B男は冬なのに白Tで汗が蒸発



S子が参加した婚活パーティーは冬。

室内なのでみんなコートは脱いでいるのですが、それでもジャケットくらいは着ています。



そんな中、明らかに体重100kgは超えているであろう男性が1人。

その男性は驚くことに白いTシャツ、ネズミ色のチノパンで参加していました。

前述のビジュアル系と双璧をなす、この婚活パーティーの二大巨頭だったそうです。



お相撲さんと結婚される方もいますし、体重100kgというのは問題ないでしょうけど

やっぱり汗で湯気が出てるのは我慢ならん!

というのはみんな納得なんじゃないですかね?



 

婚活パーティーで出会う変な男にはもう懲り懲り


婚活パーティーで理想の男性を求めるのはなかなか難しいと思うんです。

なんか男女ともに「焦ってる」感が出てしまい、自分を冷静に見られなくなるんでしょうね。



今回の記事は男性に限った人々を取り上げましたが、もちろん女性にも結構「痛い」人はいます。

同性から見ても「なんでそんな格好するねんな?」という女性も結構います。


本当に婚活をしたいなら、自分も相手も冷静にならないといけませんよね。