【女性の運命は28歳で激変する】あなたが幸せになれるか決まる大事な時期

【今あなたの好きな人が運命の人?】ツインレイ診断で彼氏とゴールインできるか知る

2022年07月22日 20時22分

今 好きな人が運命の人か 診断

高校の同窓会の後、女子メンバーで二次会をしていたのですが、次の日仕事にも関わらず楽しすぎて終電を逃してしまいました。田舎だったのでタクシーも捕まらず、駅前のロータリーで女子数人立ち往生状態だったのですが、夜中にも関わらず自転車に乗った2人組がこちらにやってきました。危ない人達かもしれないと、逃げようとしたのですが近くで見ると同い年ぐらいの男の子2人でした。ほかの女子はその2人組と楽しく話し始めましたが、私は早く帰りたかったので、特に2人と絡むことはせずボーとしていました。すると、そのうち1人がどうしても私を送ってあげたい、とのことだったのでありがたく家の近くまで自転車で送って貰うことに。その時、私を送ってくれたのが今の旦那です。
駅のホームで出会った偶然出会った彼。初めは怪しい人だと思っていました。なぜなら、フードを深く被っていて片手にはギプスが付いていたからです。しかも、チラチラこちらを何度も見てくるので「殺される?」まで考えていました(笑)でもそこから色々あってお話することになり、被っていたフードをようやく取ってくれたのですが、顔を見た瞬間びっくり。私のタイプな顔ド直球だったんです。理想で今まで語ってきた顔が目の前に現れたので、なんだかフードを取る瞬間はスローモーションで世界が動いているような気もしました。その時直感で「私はこの人と結婚する」と思ったんです。今までの恋愛でそんな風に思ったことは無かったので、ビビッと感じるものがあったんだと思います。
彼の地元で同棲が決まり、トントン拍子で進んでいくかと思いましたが、就職先の関係で寮に住まなければならないかも、という状況になりました。でも、条件として結婚していれば寮に住まなくていいとのことだったので、お互い結婚相手は絶対この人!と思っていたので結婚に抵抗はなくむしろラッキーって感じでした。でも周りの反対意見もあって、中々上手く結婚の話が進まなかったんです。最終決めるのは自分達。そうは分かっていても、大学卒業したての彼にそこまで決断させるのは申し訳ない気持ちもありました。けど、私も意地を張ってしまい、結婚してくれないなら別れる!とまで言ってしまったんです。3年半も付き合っていたのに、その時は本当に別れの危機でした。
 

運命の人か確かめる方法

出会いは友達のSNS。当時全く良い出会いのなかった私は、友達に誰でも紹介するからと言われるがままに、SNSの友達一覧を見ていました。そこでパッと目に止まったアイコンが彼でした。大して写りも良くない小さなアイコンに一目惚れするなんて思ってもみませんでしたが、なぜか彼だけが光り輝いて見えたのです。すぐに紹介してもらい、彼も急な話に驚いた様子でしたが、LINEを交換。LINEをするごとに、お互い似たようなオタク趣味があることが判明。2人共筆無精だったものの話題が尽きませんでした。私は、異性に対して趣味の話をすることがなかったこともあり、付き合わなくても友人関係を続けていきたいと、既に盟友のような気持ちを抱いていました。そうして、連絡先を交換してから1週間ほどで2人で飲みにいくことになったのです。
彼を初めて目にした瞬間のことは未だに鮮明に覚えています。駅の待ち合わせで先に着いていた彼が、私の方をふと見て目が合った瞬間胸が高鳴りました。お店に着いてから話し始めると2人共ノンストップで話し、笑い続け、気づいた時には終電の時間が迫っていました。翌日が平日なこともあって慌てて店を出て駆け出しましたが、結構お酒が入っていたこともあって私はフラフラ。それでも懸命に走るのですが、息も上がってしまいました。そんな時、彼が私の手首を握って「後少しだから頑張ろう」と手を引いてくれました。その手は徐々に下がり、気づくと2人で手を握りながら東京の街を駆けていたのでした。胸はドキドキが止まらず、視界はキラキラとしたようなシャボン玉が飛んだような、少女漫画の世界にいるようでした。翌日も胸の音が聞こえるほど高鳴っていて、彼は私の中で特別の存在だと感じた体験でした。
彼と私は感性も趣味も食べ物の好みも似ていて、一緒にいると全くストレスがありません。境遇も似ているところはあるのですが、決定的に違っていたのは、家庭環境です。私は東京生まれ東京育ちの一人っ子で、彼の家庭は家業を持つ田舎の長男でした。当然、ある頃には田舎に帰らないといけないと、出会ったその日に伝えられていました。おそらく他の人であれば、その話を聞かされた時点でお断りをしていたと思います。私は両親と離れたくなかったし、東京も大好き。友達も東京にしかいません。それでも、私は彼と一緒の時を過ごすことを選びました。将来のことは分からないし、彼からも「もしかしたら東京にいられるかもしれない」と少しの希望を持たせる話も聞かされました。しかし、その2年後、彼は会社のストレスで心身を壊し、病院に通うようになりました。先生からは、東京の環境が合っていないと言われ、予定よりも早く田舎に帰ってしまったのです。
 

彼氏が運命の人かどうか診断

2年前に年始の占いの街コンで出会いました。
男子4名、女子3名で居酒屋さんで一人ずつ占いをしていって、占ってもらってからどうだったかを話したり、趣味の話をしていたときにたまたま彼と趣味が一緒でした。
その場では皆楽しく話して、連絡先交換もお店が電波悪くてとりあえず交換できる人がLINE交換して、後で皆と連絡取れるようにしてましたが、私はその日以降私から全員と連絡取ったりはしませんでした。
ですが、唯一彼だけが私に連絡をくれたんです。
内容は趣味の話でした。
あとから知りましたが、どうやら彼は個人のLINEを登録してたのは私だけだったみたいで、とりあえず連絡取ってみよう程度だったらしいです。
それから彼と3回デートしてお付き合いして、一年後に結婚しました。
初めて街コンであった時は「この人気になるなー」「本当はもっと趣味の話してみたかったなー」と思ってました。
でも、こうやって街コンで遊ぶのはこれで終わりにしよう、出会いがある訳でもないしって思ってました。
気になるけど、個人的な事情もあって諦めようって思ってたら唯一彼だけずっと連絡くれて今まで経験したことないような胸がキュッてなる感覚がありました。
それがなんだったかは分かりませんが、素直にこの人とまだお話しできると素直に嬉しかったです。
シビれてたのかは分かりませんがね(笑)
ちなみに、彼のご家族と自分の家族にこの出会いの話すると、こんなに彼が行動的だったとは知らなかった、私から彼にアプローチしてたのかと思ってたってよく言われます。
 

運命の人診断 当たる

彼は会社の大先輩でした。気さくで優しい人で、私が入ったばかりの頃とても気にかけてくれていました。私の同期からも、よく『〇〇さん(彼)と一緒に仕事できていいね、やりやすいでしょう』と羨ましがられていました。私は初対面の時に彼に一目惚れしていたので、会えるのが本当に嬉しくて毎日会社に行くのが楽しみでした。また、夜勤のある仕事だったので、彼と夜勤が被ると普段よりも少し丁寧にメイクしたりしていました(笑)何度か夜勤が被った際に、彼がスマホアプリをやっている途中でスマホを落とし、そのアプリは私も遊んでいたもので、ゲーム仲間としてLINEを交換。色々とお話すると聴いている音楽や、遊んでいるアプリなど趣味がそっくりで、一気に仲良くなりプライベートで食事に行くようになりました。食事も私と彼とでは好きなものと嫌いな物が反対なので、『ある意味相性ピッタリだね』なんて言っていました。
私はとにかく飽き性で、相手に自分を好きにさせるまでが楽しくて、お付き合いしてからちょっとすると飽きてしまって、彼氏よりも友達や趣味を優先し振られるという恋愛しかした事がありませんでした。友達からも「〇〇(私)が特定の誰かとずっと一緒にいるところが想像できない、ずっと独身でいそう」と言われ、そんな感じで、結婚願望も全くありませんでした。しかし、彼を一目見たときから好きな気持ちが止まらなくなり、『この人と絶対結婚したい、ずっと一緒にいたい!!この人との子供がほしい!』と思うようになりました。初めてのことでなんと言えばいいか分かりませんが、とにかく好きで好きで抱きつきたくて、匂いを嗅ぎたくてたまらなくなりました。
年の差とバツイチであったことがかなりの試練でした。彼と私は20歳以上年が離れている上に、彼は私と同じくらいの娘がいるバツイチでした。もちろん私の両親と娘さんは結婚に猛反対。娘さんの方は、私と何度か2人で話をしたり、出かけたりするうちに仲良くなれて、「あなたになら父を任せても良さそうだから」と結婚を許して貰えましたが、両親は何度話をしても、何もしても結婚は認めないの一点張りで、結婚するなら絶縁するとまで言っていました。私は昔から両親が頑固というか、決めたことは譲らない性格であることは分かっていましたが、どうしても彼と結婚して一緒にいたくて、絶縁を決意。そんな最中私が妊娠したので入籍しました。入籍の報告をした日から今日まで私の両親とは1度と会っていないですし、連絡も取っていません。

運命の人 占い 容姿/性格

私がオーストラリアにワーホリで行っていたある日、街のスーパ-で同じ商品手に取り眺めている白人男性に気づく
相手も私に気づくが会話をすることなく10秒くらい見つめ合って終わり
その後お会計の際も前後になるも偶然だなっと思いながらも、また5秒くらい見つめ合って会話することなく終わる
この時は素敵な人だったな-って気持ちでした◦

そのあと、予定を済ませてホテルに帰ると逆側の入り口から彼が入って来て 目が合ってお互い驚くがまたしても会話はせず
その夜 友人に誘われて飲みに行くと隣のグル-プの中に彼を発見し
さすがに、、、、っと思い気まずい思いでいると、彼の友人が私の友人に絡み始めて一緒に飲むことになったので
そこで初めて今日の出来事を2人で紐解きながら会話したのが出会いです。
1日に2回も偶然会ってその時からお互いに見つめあっちゃっていた でも 会話はしなかった
たぶんビビッてきすぎて動けなかったんだと思うのですが、相手も目や表情で会話してた
数あるスーパ-の中から偶然同じスーパ-に入り最初は同じ商品見てて棚から取って読んでるのも 数あるホテルの中から偶然同じホテルで、しかも同じタイミングで帰宅して向こう側から歩いてきてバッタリ目が合った時も
数あるバーの中から同じバーを選び飲みの席で会った時も全部目で会話出来てて、なんかしゃべってもいないのに頭に彼の声が入ってくるようでした◦
彼もたまたまワーキングホリデ-でオーストラリア入りしてて、本当に運命としか言いようがなかったです
何もかもが運命のような1日でした。
私は日本人 彼はフランス人 2人ともお互いの母国語はしゃべれず、英語のみ ビザの関係でオーストラリアにも住み続けることはできないので、日本に住むかフランスに住むかしかない状況でした◦
私は日本の社会での苦労を知っていたので彼に来てほしいとも言えず、ですが、私もフランス語は全くしゃべれないですし興味もなかったので凄い悩みました
私も彼もお互い家族構成も一緒で末っ子なのでお互いの両親に相談しても、流石にすごく遠くで簡単に会いに行ける場所ではないのでどちらも賛成ももちろん反対もしませんでした◦
それでも結果 彼21歳 私 27歳 だったので彼から両親を奪うのは若すぎると思い諦めて私がフランスへと行くことにしました。
 

関連ページ